ベラジョンカジノではどんな出金方法が使える?最新情報チェック!

ベラジョンカジノ

2010年にサービスを開始して以来、ベラジョンカジノは日本人プレイヤー人気No.1のオンラインカジノで、新規登録者の数は今も増え続けています。

最近はオンラインカジノの数も増え、日本にもオンラインカジノが浸透しつつありますがベラジョンカジノの人気は不動と言っても良く、全ての面において業界トップクラスのサービスを提供しているという評判の良さもずっと変わりません。

日本語対応のサポート、サイトの日本語化、日本の四季やイベントに合わせたキャンペーン、ボーナスなども豊富で、プレイできるゲームの数は800種類以上、初心者でもベテランでも満足できるサービスが受けられるのがベラジョン人気の理由であることは確かです。

出金方法についてもベラジョンカジノは他のオンラインカジノに比べると選択肢が多く、プレイヤーが自分に合った方法をチョイスしやすくなっています。

また、新たな出金方法として日本国内でプレイできるオンラインカジノとしては珍しい国内銀行送金も選択できるようになり、ますます便利になっています。

カジモン
ここでは、ベラジョンカジノで利用できる出金方法について、最新の情報をまとめてお伝えします。

出金申請前に要確認! ベラジョンカジノから出金するための条件とは

ベラジョンカジノに限らず、どのオンラインカジノにも出金するための条件があり、その条件を満たさなければ出金申請は却下されてしまいます。

第一の条件は、出金先として選択できるのは基本的に入金に使用した方法と同じということです。

電子決済サービスで入金した場合の出金先は入金を行ったアカウント、例外としてクレジットカードで入金した場合はクレジットカードに出金できないため異なる方法の選択ができます。

また、入金した金額が100ドルの場合、100ドル以上のプレイをしなければ出金できません。

これはオンラインカジノに一旦入金することでお金の出所をわかりにくくするなど、悪用されることを防ぐためです。

普通のプレイヤーならプレイするために入金するのが大前提なのでこの条件に付いては特に問題ないと思いますが、ベラジョンカジノに入金後に金欠になってしまったのでプレイせずに取り戻したいと思ってもできません。

そうならないためにも、入金は余裕のあるお金で行っておいた方が良いでしょう。

ボーナスを受け取った場合は、これとは別の条件が付くことになりますが、ボーナスに関する条件は配布時にきちんと記載されているので、受け取るかどうかは条件を確認してから決めましょう。

100ドルのボーナスを受け取り20倍の条件が付いていた場合は、2000ドル分のプレイをしなければ出金条件を満たすことはできません。

また、ボーナスを利用する場合はゲームによって消化率が変わってくるため、条件と合わせて確認が必要です。

スロットなら100%の消化率でも、ブラックジャックやライブカジノの場合は10%~15%となっているので、思った以上にボーナスを使えないというプレイヤーは少なくありません。

とはいえ、ベラジョンのボーナスはキャッシュを先に使いきってからボーナスの使用がスタート、出金条件はボーナス額のみに適用されるためキャッシュでプレイして勝利金を手にした時には、ボーナスを無効にしてもらうという方法での出金も可能です。

ボーナスを残したまま、入金額よりプレイ額が少ない状態では出金申請できないので、申請前にはきちんと確認しておきましょう。

最新の出金方法「国内銀行送金」はこんなに便利!

ベラジョンカジノで利用できるようになった国内銀行送金による出金は、まだ採用しているオンラインカジノが少ないサービスですが、プレイヤーにとってはかなり使い勝手の良い出金方法です。

利用できるのはクレジットカードで入金した場合に限られるものの、ベラジョンカジノに入金するプレイヤーの約6割がクレジットカードを使っていることを考えれば、多くのプレイヤーにとって選択肢の一つになると考えられます。

国内銀行送金で出金するメリットとしては、決済代行サービスを通す必要がなく普段利用している銀行口座でお金を受け取れるという点が挙げられます。

新たにアカウントを開設する手間も時間も節約でき、資金の管理も一本化しやすくなるため一定額以上にベラジョンカジノでも受けた際に必要な確定申告もラクにできるはずです。

送金にかかる時間は1~2営業日と電子決済サービスと同じ、或いは少し遅いだけで国際銀行送金に比べると大幅に短縮されています。

さらに出金手数料は無料、最高出金額も25000ドルとなっているので、高額賞金を手にした時にもスムーズに利用できる方法です。

ただし、国内銀行送金による出金を選択する際には、アカウント認証を済ませておかなければなりません。

とはいえ、これは他の出金方法についても同じように本人確認が行われているので、特別に手間が増えるとは言えず、国内銀行送金がかなり便利な出金方法であることは確かでしょう。

他のオンラインカジノも利用するなら電子決済サービスも選択肢に

ベラジョンカジノでは、日本向けサービスを展開しているオンラインカジノの多くが採用している3つの電子決済サービスを出金方法として選ぶこともできます。

それぞれのサービスはネット上にあるアカウントに一度入金し、そこからベラジョンに入金するという共通点があり、一つアカウントがあれば他のオンラインカジノでも利用可能です。

ベラジョンカジノ以外のオンラインカジノを利用していて、すでにアカウントを持っている人やこれから他のオンラインカジノの利用を考えている人ならアカウントを開設しておくと便利に使えます。

出金と入金は同じ方法で行わなければならないのが原則のため、ecoPayzで入金したらecoPayz、iWalletで入金したらiWalletへの出金しかできません。

そのため、入金にどの方法を使うか、どの方法が便利なのかを考える必要があり、入金方法と出金方法の選択は同時に行っているということになります。

ecoPayz

オンラインカジノで最も利用されている電子決済サービスecoPayzは、2000年に英国企業が運営を始めたサービスで、現在サービスを提供している国と地域は約160、利用可能な通貨は45種類となっています。

英国金融庁の認可を受けているサービスということで、安全性や信頼性についても問題はないと考えて良く、日本人スタッフが在籍しているので日本語によるサポートも受けられます。

ecoPayzのサイトにアクセスして必要な情報を入力すればすぐにアカウントの開設が可能、ベラジョンカジノへの入出金にもすぐに利用できるようになりますが、ecoPayzを出金方法に選んだ場合はecoPayzアカウントから日本国内の銀行口座への資金の移動が必要です。

現在、ecoPayzでは、出金方法として高速ローカル出金と国際銀行出金の2種類が選べるようになっています。

・高速ローカル出金

日本国内の収納代行企業が仲介し、国内銀行から出金が行われるため通常の出金よりもスピーディーに出金が完了します。

手数料は最低15ユーロ、日本円換算した出金額の1%で、これに日本円への換金手数料も必要となります。

換金手数料はアカウントのランクによって違いがあり、ユーロやドルから日本円に換金する場合、シルバーアカウントは2.29%、ゴールドアカウントは1.49%です。

・国際銀行出金

国際銀行出金とは海外送金と同じで、海外の銀行から日本の銀行に送金するという流れになります。

そのため、ecoPayzの送金手数料10ユーロと合わせて銀行に支払う手数料も上乗せされることになり、かなり手数料が高額になります。

日本国内のメガバンクでは1500円~2500円の手数料がかかることもあるため、少額の出金を繰り返していると手数料もバカになりません。

また、最近は海外送金に対する対応が一段と厳しくなってきているので、入金の際に銀行から問い合わせがあったり、送金されてきたお金を着金拒否されることもあります。

手数料と着金拒否の可能性を考えると、ベラジョンカジノからの出金をecoPayzで行い、自分の国内銀行口座に出勤する際は高速ローカル出金を利用したほうが安心かもしれません。

iWallet

iWalletはベラジョンカジノのから手軽に出金できる電子決済サービスの一つで、国内で利用できるオンラインカジノでも多く採用されている方法です。

アカウントの開設はメールアドレスや氏名など簡単な情報を入力するだけでよく、香港政府が発行するライセンスを取得した政府公認の電子決済サービスという安心感もあります。

口座開設費用や登録費用は不要、定期的に利用を続けていれば口座維持手数料もかからないのでベラジョンカジノを使い続けている人なら不要なランニングコストをかけずにアカウントを持つことができるというわけです。

ただし、口座を先に作っておこうと早めに口座を開設し、その後使わないまま90日が経過すると休眠口座扱いになり口座が使えなくなるうえ、手数料もかかります。

さらに180日以上取引を行わなかった場合は休眠口座管理費として20ドルが徴収されるので、定期的に利用しておくのがおススメです。

また、ベラジョンカジノの利用はもっぱらスマホという人も多いと思いますが、iWalletはスマホからも操作できるので入出金とプレイがスマホだけで可能です。

日本語にも対応しており、サポートも日本語で受けられるので英語が苦手な人でも安心して利用できます。

iWalletはアップグレードしなくてもベラジョンカジノからの出金に利用できますが、アップグレードしなければ直接入金できません。

入出金には同じアカウントを利用するのが前提なのでiWalletへの入金ができるよう、早めにアカウントのアップグレードをしておいてください。

iWalletからの出金には以前ならATMから直接引き出せるカードが使えましたが、現在は利用できなくなっているので銀行口座への出金を行うことになります。

出金を行う際はiWalletアカウントにログインし、出金先の銀行などの情報を入力するだけです。

銀行送金手数料は1件当たり最低35ドル、最高5万ドルか出金額の0.25%、これに加えて指定されたレートの外国為替手数料がかかります。

引き出しの際には額に関係なく最低でも35ドルかかるため、少額を何度も出金したいという人には手数料が負担に感じるかもしれません。

Venus Point

Venus Pointはベラジョンカジノから出金した勝利金をポイントとして管理する電子決済サービスで、お金を直接管理するわけではないので、登録にかかる手間が簡素化されています。

出金したお金はVenus Pointアカウント内でポイントとして扱われますが、もちろん国内の銀行口座に現金としても出金できますし、ポイント扱いしているからこそ格安の手数料が実現しています。

ポイントから換金を行う際に必要なのは900ポイントごとに1.8ポイント、金額にすると約10万円の換金時にかかる手数料は200円程度となり、どの電子決済サービスよりも手数料が割安です。

また、Venus Pointを利用するとポイントバックを受けられるので、利用するごとにポイントを貯めることもでき、そのポイントも含めて換金することができます。

入出金のどちらにもポイントバックがあるので、利用すればするほどお得というわけです。

サイトは完全に日本語化されているので利用にあたって不便に思うことはなく、出金もスムーズに行えるでしょう。

かなり使い勝手が良くおススメのサービスであることは間違いないVenus Pointですが、一つデメリットがあるとすれば現金を直接入金できないことです。

ベラジョンカジノからの出金に利用し、そのポイントをまた入金するという利用は可能ですが、プレイするお金が足りなくなったからといってお金を入金することはできません。

この点がVenus Pointの大きな弱点であることは確かで、出金方法として利用しづらいと感じる人もいるでしょう。

電子決済サービスでおススメの出金方法は?

3つの電子決済サービスが出金方法として利用できるベラジョンカジノですが、どれか一つを選ぶのであればecoPayzが最も無難です。

ecoPayzアカウントへの入金方法もいくつか選べ、ベラジョンカジノからの出金、ecoPayzアカウントから銀行口座への出金も難しい手順を踏む必要はなく、初めての人でも簡単に利用できます。

最も普及率の高い電子決済サービスでもあるため、ecoPayzアカウントをベラジョンカジノの出金方法に選んでも不便を感じることはないはずです。

ただ、ネッテラーのように日本国内から撤退する電子決済サービスが今後も出てくる可能性を考えると、保険としてiWalletかVenus Pointのアカウントを開設しておくのもおススメです。

ベラジョンカジノの入金にクレジットカードを利用したくない人は、いずれかの電子決済サービスを利用することになります。

カジモン
どれが一番使いやすいか、それぞれのメリット、デメリットをよく比較してから自分に合うものを選びましょう。

更新日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.