税金逃れは可能?ベラジョンカジノの儲けに税金がかかるのはどんな時?

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノで勝利金を得た時に税金について考える人は多いようで、「オンラインカジノ 税金」といったキーワードで検索している人もいます。

パチンコや競馬、競輪などをやる人の中には、ギャンブルで儲けたお金を申告したことはないという人もいるでしょうが、ベラジョンカジノを含むオンラインカジノとパチンコや競馬とは少し事情が違っており、同じつもりで税金を申告しないでいると最悪の場合は脱税容疑に問われることもあります。

カジモン
ここでは、ベラジョンカジノの勝利金が課税対象になるのはどんな時か、なぜベラジョンカジノの儲けを申告しないままではいられないのかについて詳しくお伝えしましょう。

ベラジョンカジノから出金したお金は税務署にバレる?

ベラジョンカジノの入出金方法にはいくつかありますが、全ての方法に共通しているのはお金の流れの履歴がはっきり残るという点です。

例えば、クレジットカードで入金した場合にはカードの使用履歴が残りますし、その後に国内銀行送金で出金したとすれば自分の口座に着金履歴が残ります。

一方、競馬や競輪で馬券、車券を購入する場合は基本的に窓口で現金による支払いを行い、当たった時の配当は現金で受け取ります。

この時に領収書が発行されるわけではありませんし、賞金の受取書を書かされることもないので、誰が馬券や車券を購入して、いくらの配当を得たかの記録が一切ないということです。

ベラジョンカジノで勝利金を得たにもかかわらず税務署に申告しなかった場合、入出金の履歴をたどれば一発でバレてしまいます。

そのため、税務署に儲けを隠し通すことは不可能だと考えた方が良いでしょう。

納税義務を果たすために知っておくべき税金の計算方法

ベラジョンカジノで儲けが出たら、全て申告して納税しなければいけないのかというとそういうわけではありません。

納税対象額を算出するには「収入-支出-特別控除額(最大50万円)」という計算を行います。

これで出た金額が一時所得として納税対象になりますが、ベラジョンカジノでの賭け金全てが支出になるわけではないので注意してください。

わかりやすい考え方としては、利益が出た場合は課税対象になるものの、損失が出ても計上できないということになります。

例)

1月のベット額10万円 勝利金110万円=プラス100万円
2月のベット額110万円 勝利金0円=マイナス110万円

この場合、課税対象になるのはプラスになった100万円で、マイナスが出た110万円分の賭けは一時所得の支出に当たりません。

普通に考えるとトータルでマイナス10万円になっていると思えるでしょうが、一時所得の計算式に当てはめるとプラス100万円という真逆の結果になってしまいます。

実際には100万円の儲けから特別控除額を差し引くことができるので、最終的な課税額は50万円ですが、他にも収入減があればそれにかかる所得税も合わせた額が納税額となります。

確定申告に必要な書類と申告時期

会社勤めをしている人にはあまり縁のない確定申告ですが、ベラジョンカジノから出金した勝利金を申告する場合は、自分で確定申告をしなければなりません。

確定申告を行う時期は、一時所得が発生した翌年の2月16日~3月15日の1か月間と決まっており、この間に大勢の人が納税に訪れるため税務署は大変混雑します。

申告に必要な書類は源泉徴収票と支払調書ですが、支払調書の代わりに自分でベラジョンカジノからの入出金をリスト化したものを提出しても大丈夫です。

また、ベラジョンカジノに支払調書を出してもらうこともできますが、確定申告終了間際に依頼すると間に合わないことがあるので、早めに準備しておきましょう。

初めての確定申告でわからないことがあっても、税務署の職員に聞けば申告書の書き方などを教えてくれるので心配はいりません。

また、国税庁のホームページにも税金の計算方法や確定申告の流れなどが詳しく書かれているので、不安な人はホームページで確認するのも良いかもしれません。

脱税で生じるリスクは思った以上に大きいので要注意

税金を申告するのは面倒、儲けたお金は全て使ってしまったので課税されても困るという人もいるでしょうが、納税は国民の義務ですし、ベラジョンカジノの勝利金には税金がかかると法律で決まっています。

自分の儲けはそれほど高額ではないのでバレないだろうと思う人もいるでしょうが、所得税は7年遡って請求可能ですし、7年後にバレたとすれば税金だけでなくペナルティとして重加算税をプラスされることもあります。

税金を支払えないとなれば財産が差し押さえの対象にもなるので、無申告がバレた時点で逃れようがないと思って良いでしょう。

7年経てば所得税は時効になるものの、その間はいつ税務署が来るかビクビク過ごすことになるでしょうし、ずっとベラジョンカジノでプレイを続けて儲けているのであれば、それに対する税金も一気に請求されることになります。

カジモン
リスクの大きさを考えると脱税は割に合わない犯罪で、納税義務さえ果たしていれば大手を振ってベラジョンカジノでのプレイを楽しめるということです。

カジモン800バナー

投稿日:

Copyright© カジモン , 2020 All Rights Reserved.