スロットで稼ぐためのベット方法とは

Cache 9bc7f536 De68 4c56 Cca9 Aa434ee08bf5

オンラインカジノでプレイできるゲームの中には、利益を上げるためのベット方法が研究されているものも多く、それに従って賭けていれば損失を防ぐ、損失を取り戻す、あるいは利益を大きくするという目的を果たすことができます。

そういったベット方法は攻略法や必勝法と呼ばれることもありますが、実際には絶対に勝てる方法でもなく、マシンを攻略する方法でもなく、いわばベット方法をシステム化したものと考えたほうがわかりやすいかもしれません。

これらを上手に活用すればベテランプレイヤーはもちろん、スロットで遊んだことがない初心者でも自己資金を減らすことなくスロットで稼ぐことが可能になります。

ただ、スロットに関して言えばどちらかと言えば機械任せ、運任せの部分も多く、カードを使うブラックジャックやバカラなどに比べると効果的なベット方法が少ないとも言えます。

もちろん、全くゼロというわけではないので、これまでにいろいろなプレイヤーが実践してきた稼ぐためのベット方法を試してみる価値はあるでしょう。

カジモン
ここでは、勝つための戦略として使えるスロットのベット方法について、詳しくお伝えします。

戦略としてのスロットのベット方法は主に2つ

オンラインカジノで主流となっているビデオスロットには複数のペイラインがあり、どのラインにベットするのか、ベットするコインのバリューはいくらなのかを自分で設定してプレイすることができます。

パチスロの場合はライン数やコインバリューを自分で設定することはできませんが、目押しという技が使えるため、稼ぐためにはベット方法よりも技術力が要求されるゲームと言って良いでしょう。

目押しが使えないスロットの場合は、どう賭けるか、ベット方法次第で受け取る賞金額が変わるため、自分に合ったベット方法を見つけることが重要です。

一般的なスロットに共通して使えるベット方法は主に2つですが、どちらの方法にもメリット、デメリットがあるので、よく理解したうえでベット方法を決めましょう。

・固定ベット

ゲームの勝敗に関係なく、決まった金額を常にベットし続けるのが固定ベット法です。

難しいことを考えず、とにかくスピンし続ける戦略とも言えるでしょう。

スロットは機種によってクセがあると言われますが、同じゲームを同じ条件でプレイし続けることでクセが読みやすくなると言う人もいれば、固定ベットの場合はある程度スピンしたら別の機種に変えた方が良いと言う人もいます。

どちらの方が正しいかは定かではありませんが、実際にスロットをプレイする人の多くは固定ベットではなく、次に紹介するプログレッシブベット法を使うようです。

・プログレッシブベット

スロットの当たりが出やすいベット額、何回スピンすれば当たりが出るのかなどはゲーム配信会社も公表していませんが、一説によるとベット額によって当たりが出る確率が変わると言われています。

プログレッシブベットはその説に基づくもので、同額のベットをある程度続けても当たりが出ない場合にベット額を変えると当たりが出やすくなると考えられています。

ただし、どのようにベット額を変えていくと効果的にヒットするのかについて、根拠のあるベット方法は存在しないようです。

強いていうならば、勝負に強弱をつけたほうが一気に資金を減らすことがないので長くプレイできる、良い流れで勝てている時にベット額を上げればそれだけ受け取る賞金額が多くなる可能性も考えられるといった程度でしょう。

勝つために重要なスロットのベット方法は「Maxベット」

いくら賭けるのかについて絶対に効果的なベット方法はなさそうですが、より多くの賞金を得るためにMaxベットを行うことについては勝つために重要な条件です。

基本的に3ラインしかないクラシックスロットと違い、ビデオスロットのライン数は機種によって大きな差があります。

20ライン、30ラインはザラにありますし、数千のペイラインがあるスロットも存在します。

ペイラインの多いスロットにベットする時、1ラインに賭けるよりは2ライン、3ラインとベットするラインを増やした方が勝てる確率が上がるのは当然ですし、全てのラインにMaxベットしておけば大幅に勝率がアップするのは確実です。

スロットでプレイするなら基本はMaxベット、ライン数を減らすベット方法はあまり得策ではないと覚えておきましょう。

スロットのMaxベットの弱点を克服するための対策

勝つための条件としてMaxベットを行う場合のデメリットは、ゲームを続ければ続けるほど資金が必要になることです。

例えば、ペイラインが25ラインのスロットで常にMaxベットを行おうと思うと相当な資金が必要になるため、プレイ前の設定を変えることが重要です。

パチスロの場合、賭け金額を自分で変更することはできませんが、オンラインカジノのスロットはベットするコインの単価を自分で設定することが可能です。

いくらに設定できるのかは、ゲームの種類ごとに違いますが通常なら1ドルとなっているコインの単価を半分にしたり、1割にしたりと自由に決められます。

スロットでは「コインバリュー」、「ペイライン数」、「ベットレベル」を設定できるということで、この設定次第でMaxベットを行いながらも、限られた資金で長くゲームを続けられることになります。

コインバリュー=ベットするコインの単価
ベットレベル=ベットするコインの枚数

コインバリューとベットレベルについては、上記のように考えるとわかりやすいでしょう。

例)ペイライン25ラインのスロットにベットする場合

  1. コインバリュー1×25ライン×ベットレベル1=25ドル
  2. コインバリュー0.1×25ライン×ベットレベル1=2.5ドル

コインバリューが下がればベット額は下がるので、回数を多く回すことが重要なスロットではコインバリューの設定が重要なことがわかるのではないでしょうか。

ベットレベルやコインバリューをどのように設定できるかはゲームごとに違いますが、Maxベットというのはコインバリューを除くライン数、ベットレベルを最大値に設定するということなので、コインバリューを下げてもMaxベットでスピンするという勝つための条件を満たすことはできます。

億越えの賞金も狙えるジャックポットスロットではMaxベットが必須

どんなスロットでもMaxベットがヒットのチャンスを増やすために重要なベット方法ですが、ジャックポットスロットの場合は、Maxベットが必須条件となっています。

これは、ジャックポットスロットのほとんどに共通したルールで、Maxベットしなくてもジャックポット当選のチャンスがあるスロットはかなり少数派です。

スロットで高額当選を目指すなら、ジャックポット搭載スロットをプレイするのがおススメで、さらにジャックポットを引き当てるためにはMaxベットでコツコツと回し続けることが重要です。

世界中のプレイヤーが一つのゲームに賭け金を積み上げていくジャックポットスロットは、当選金額が億単位になることもある夢のようなマシン。

もちろん、全世界のジャックポットを狙うプレイヤーの中で、実際にジャックポットを当てることができるのは一人なので簡単に当てることはできないにしても、とにかくプレイしなければチャンスもありません。

この際に気をつけることは常にMaxベットでスピンすることですが、先に紹介したベット額を抑えてMaxベットする方法を使えば、同じ資金でも回転数を増やせるのでジャックポットの当選確率を高めることができます。

システムベットの方法が搭載されたスロットでプレイする

Maxベットでジャックポットの当選確率を上げる以外に、システムベットの方法がスロット自体に搭載されたマシンでプレイするのも稼ぐためには効果的な方法です。

ゲーミングプロバイダのELK社のスロットには、独自の戦略を用いたベットシステムが搭載されており、それを使えば自動的にシステムベットを行うことが可能です。

もちろん、このシステムベットを機能が搭載されていない他のスロットに応用することもできるので、システムベットの方法に慣れるために利用するのも良いでしょう。

ELK社のスロットに搭載されているシステムベット方法は4種類、勝った時や負けた時などシチュエーション別に使い分けることができます。

【オプティマイザー(Optimizer)】

オプティマイザーは資金の残高に対する割合を選択してベット額を設定する方法で、ギャンブルの攻略法として一般的に知られている10%投資法と同じようなものと考えられます。

例えば、残高が100ドルある時にパーセンテージを1%として設定すれば、最初のベット額は1ドルで残高の増減によってベット額も変動します。

ベット額のベースになっているのが残高なので、一気に資金が減ることはなく長くプレイしたい時に有効なベット方法です。

ただし、連敗してしまうと取り戻すのも大変なので、定額のベットで回転数を稼ぎたいジャックポットスロットなどに向いているベット方法と言われています。

【レベラー(Leveller)】

レベラーでは一定額をベットして勝負し、5連敗するたびにベット額を2段階で増額します。

最初に0.2ドルを賭けて5連敗したら、次の賭け金は0.6ドル、勝利して配当を得たらベット額を元通りにするというベット方法です。

5連敗の後に、さらに5連敗する確率は低く連敗後には勝つ可能性が高まることから、損失を一気に取り戻すことができると考えられています。

負けた時にベット額を増額するという意味では、マネーシステムのマーチンゲール法に似た部分があると言えるでしょう。

【ブースター(Booster)】

ブースターも負けた時に使うベット方法で、負けるたびにベット額を1段階ずつ上げていきます。

引き上げるのは最高4段階まで、配当が出た時点でリセットして元のベット額に戻すという方法なので、こちらもレベラー同様に一気に損失を取り戻すことが可能です。

ベット額の引き上げは最高4段階までなのでベット額がいきなりアップすることはありませんが、ベット方法としては、こちらもレベラー同様にマーチンゲール法と似たようなものだと考えることができます。

【ジャンパー(Jumper)】

ジャンパーは勝った時に使うベット方法で、勝つたびにベット額を1段階ずつ上げていきます。

最高で4段階までベット額を引き上げていき、負けたら最初のベット額にリセット。

4段階目までベット額を上げた時に負けると大きく資金を減らすことになりますが、連勝すれば一気に手元の資金が増えるベット方法です。

ELK社のスロットに搭載されているベット方法は上記4種類、ベット方法を変えたからと言って当選確率が上がるわけではないものの、資金管理を行いながらスピンできる回数を増やすことで、大当たりが出るまで長くプレイできると考えれば、効果的なベット方法です。

質の良いスロットを提供しているゲーミングプロバイダが紹介していることから、信頼性の高いベット方法だとしてプレイヤーの間でも評判になっています。

これまでの方法ではスロットに勝てない、今まで以上にスロットで稼ぎたいと思ったら一度試してみるのも良いでしょう。

スロットのベット方法まとめ

スロットにベットする際に他のゲームでも利用できるマネーシステム、投資法を応用することは可能ですが、それはあくまでも資金を管理するためのベット方法であって、勝率を上げる、スピンの結果を変えるものではありません。

ただし、大当たりが出るまで手持ちの資金内で数多く回すことができれば、当選の確率が上がるとも言えるのでマネーシステムを応用したベット方法はぜひ活用すべきでしょう。

負けが続いた時にも熱くなりすぎず、資金をしっかり把握しながらプレイするという意味でもシステムベットは有効な方法と言えます。

また、ゲームごとにルールが異なる点にも注意が必要で、ジャックポットの場合は特にMaxベットが当選の条件になっているかどうかの確認が大事です。

ジャックポットを狙ってプレイしているにもかかわらず、ルールを知らなかったためにチャンスを逃しているプレイヤーは少なくありません。

カジモン
高額当選で一発逆転を狙うジャックポットスロットをプレイするなら、Maxベットが基本、それ以外にもルールがないかの確認を怠らないようにしてください。

投稿日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.