ルーレットで勝てるかどうかはベット方法で変わる?

ルーレット

ルーレットは初めての人でもすぐにプレイできるほどルールが単純で、ディーラーが投げ入れたボールがどこに落ちるかを予想し、それが当たれば配当が貰えるというシンプルなゲームです。

ただし、アメリカンルーレットでは38個、ヨーロピアンルーレットでも37個の数字があり、その中のどの数字に落ちるかだけを予想するわけではなく、いくつかの数字を組み合わせた賭け方、奇数偶数、予想した数字より大きな数字か小さな数字かを予想する賭け方など、ベット方法は多数存在します。

初心者でも赤か黒に賭ける赤黒賭けくらいは知っているでしょうが、それ以外にもたくさんのベット方法があり、熟練したプレイヤーになるとベット方法をいくつか組み合わせて賭けることもあります。

カジモン
ここでは、ルーレットの基本的なベット方法とあわせて、勝率を上げるためにはどの方法でベットすれば良いのか、ルーレットで勝つためのテクニックもご紹介します。

ルーレットの基本的な賭け方 インサイドベット

ルーレットで1から36までの数字が書かれたエリアに賭けるのがインサイドベットで、基本的な賭け方は7種類あります。

賭ける数字の数が少ないほど配当が高く1つの数字を当てれば配当36倍、合計で6つの数字に賭けるベット方法では配当が6倍になります。

1.ストレートアップ/1点賭け

ストレートアップ、1点賭けと呼ばれるベット方法は、ボールがどの数字に落ちるか1つの数字を予想する賭け方です。

0を含む37個の数字のうち、予想した数字にボールが落ちる確率は極めて低く、的中させるのは難しいですが、基本的なベット方法の中では最も高配当となるため当たればそれまでの損失を大きく減らすこともできるでしょう。

2.スプリットベット/2点賭け

スプリットベットは2点賭けとも呼ばれますが好きな数字2つに賭けるわけではなく、隣り合った2つの数字に賭けるベット方法です。

ベットする数字が増えるので配当は18倍とストレートアップの半分になりますが、その分当たる確率も高くなります。

3.ストリートベット/3点賭け

ストリートベットは縦一列に並んだ3つの数字に賭けるベット方法で、3点賭けやトリオベットと呼ばれることもあります。

ルーレットのテーブルでは「1・2・3」や「31・32・33」など3つの数字が縦に並んでいるので、そのうちの一列を選んでベットします。

配当はストリートベットの36倍に対して1/3となる12倍です。

4.コーナーベット/4点賭け

4つの数字に賭けるコーナーベットは、クワッドベット、クオーターベット、スクエアベットという別名もあります。

これは4つの数字が並んだ四角形を意味するところからきており、ベットする際は4つの数字が交わるところにチップを置きます。

コーナーベットの配当は9倍、選んだ4つの数字のうちどれかにボールが落ちれば良いので、当たる確率は高くなります。

5.ダブルストリートベット/6点賭け

ラインベットやシックスナンバーベットとも呼ばれるダブルストリートベットは、先に紹介した3点賭けのストリートベット2か所に同時に賭けると考えればわかりやすく、6つの数字に賭けるベット方法です。

インサイドベットでは最も配当が低い6倍ですが、6つの数字のどれかが当たれば配当が貰えるので当たる確率は最も高いと言えます。

6.フォーナンバーベット(ヨーロピアンルーレットのみ)

ルーレットには0が一つのヨーロピアンルーレットと0、00のあるアメリカンルーレットがありますが、フォーナンバーベットはヨーロピアンルーレットのみの賭け方です。

賭ける数字は「0・1・2・3」の4つで4点賭けですが、コーナーベットの4点賭けよりも配当は低く8倍となっています。

7.ファイブナンバーベット(アメリカンルーレットのみ)

ヨーロピアンルーレットに独自の賭け方があるようにアメリカンルーレットにも独自の賭け方であるファイブナンバーベットがあります。

賭ける数字は「0・00・1・2・3」の5つで5点賭けとなり、いずれかの数字にボールが落ちれば7倍の配当が得られます。

ここまで紹介した7つのベット方法は、アメリカンルーレットのみ、ヨーロピアンルーレットのみの賭け方も含まれるものの、インサイドベットの方法としてはごく基本的なものです。

ルーレットの基本的な賭け方 アウトサイドベット

インサイドベットは0や00を含む数字のみに賭ける方法ですが、ルーレットのテーブルには数字以外に赤/黒(Red/Black)や奇数/偶数(Odd/Even)といった文字が書かれたエリアもあります。

そのエリアのことをアウトサイドエリア、アウトサイドエリアに賭けることをアウトサイドベットと言います。

アウトサイドベットの基本的なベット方法は5つ、これもそれぞれに配当が異なるので賭け方と配当をしっかり覚えておきましょう。

1.ダズンベット/12点賭け

ダズンベットは1ダズン、12個の数字に賭けるベット方法で配当は3倍です。

12個の数字はセクションごとに分けられているので、セクションベットと呼ぶこともあります。

セクションは1~12の数字を含む「1st12」、13~24の数字を含む「2nd12」、25~36の数字を含む「3rd12」の3つ、チップはそれぞれの文字が書かれたところに置きます。

12個の数字のうちのどれか一つが的中すれば良いので、かなり勝率は高いと言えるでしょう。

2.カラムベット/コラムベット/12点賭け

ダズンベットが縦のセクションで数字を3つに分けているのに対して、カラムベットは横のセクションで数字を分けてあり、それぞれのセクションにベットする方法です。

数字のレイアウトの横一列を上段、中段、下段に分けるという違いがありますが、12個の数字にベットするという点は変わらないので、配当はダズンベットと同じ3倍となり、比較的的中させやすいベット方法でもあります。

3.レッド・ブラック賭け/赤黒賭け/2点賭け

ルーレットを実際にプレイしたことがない人でも知っていると言えるほど基本的な賭け方でもある赤黒賭けは、数字ではなく赤、黒のどちらにボールが落ちるかを予想する1/2の確率のベット方法です。

結果は二つに一つなので非常に高確率で当てることができますが、配当は2倍なので大きく稼ぐというわけにはいきません。

ただ、高確率で当たるベット方法と攻略法を組み合わせることで、利益を積み上げていくことは可能なので配当が低いからといって避ける必要はないでしょう。

4.ハイロー賭け/2点賭け

赤黒賭けと同じ2倍配当となるハイロー賭けは、1~18をハイ、19~36をローとして、そのどちらにボールが落ちるかを予想するベット方法です。

5.奇数偶数賭け/オッド・イーブンベット/2点賭け

オッド・イーブン賭け、奇数偶数賭けも赤黒賭けやハイロー賭けと同じく2倍配当、ボールが奇数に落ちるか偶数に落ちるかを予想します。

5種類のアウトサイドベットを見てわかるように、インサイドベットに比べると当たる確率は高いものの配当は2倍、3倍と決して高くはありません。

資金を大きく減らさずに長くプレイしたい時にはアウトサイドベットで賭け続けるのも良いですが、ルーレットで儲けたいと思うのであれば、インサイドベットも組み合わせるのがお勧めです。

ルーレットの特殊なベット方法

赤黒賭けやハイロー賭けなどのアウトサイドベットの基本的な賭け方、コラムベットやダズンベットなどのインサイドベットの基本的な賭け方の配当は2倍~36倍ですが、これ以外に最大で144倍の配当となる特殊なベット方法もあります。

それがフラワーベット法と呼ばれる賭け方で、複数のベット法を組み合わせた複合技とも言えるものです。

ベット方法でもあり、攻略方法でもあると言えるフラワーベット法ですが、高配当のベット法であるにもかかわらず、賭け方に難しいルールはありません。

簡単に言うと「好きな数字を一つ選んでチップを置く」、「その周囲8か所にチップを置く」だけです。

この時のチップの配置が鼻のように見えることから、フラワーベット法という名前がついています。

フラワーベット法の最高配当が144倍になる確率はそれほど高くはありませんが、このベット方法の場合は最高配当以外の当たりでも配当を受け取ることができるので、全体としての勝率は約25%、4回に1回は何かしら当てられるという計算になります。

例)17を選んでフラワーベットを行った場合

ストレートアップ(36倍配当) 17
スプリットベット(18倍配当) 14/17、16/17、17/18、17/20
コーナーベット(9倍配当) 13/14/16/17、14/15/16/17、16/17/19/20、17/28/20/21

これを見てわかるように、フラワーベット法はストレートアップ、スプリットベット、コーナーベットの3種類のベット方法の組み合わせということになります。

17を選んでフラワーベット法を行った場合の勝負結果は

・17が的中
・17の上下、左右の数字が的中
・17のコーナーベットエリアの数字が的中
・全てハズレ

上記4つのうちのいずれかで、全てハズレでなければ最低でも9倍の配当は得られるということですが、必ずしも利益が出るわけではありません。

確率だけで言えば4回に一回は当たるフラワーベット法ですが、逆に言えば3回は負けるということですし、最高配当を狙って高額ベットを続けていればすぐに資金がなくなってしまいます。

フラワーベット法を使うのであれば中心になる数字の選び方が大事で、ここで役立つのが確率を元にした数字の予想です。

例えば17に賭けるのであれば、17とその周辺の数字が20回、30回とゲームを続けても出ていない時はフラワーベット法を使うチャンスです。

また、17を囲んでいる数字のいずれかが3回続けて出た時も、数字の偏りが大きいと考えられるのでフラワーベット法を仕掛けてみても良いでしょう。

同じように数字の偏りをフラワーベット法を使うタイミングの基準にするのであれば、17が直近の10ゲーム中2回以上出ているというのも狙い目です。

フラワーベット法で勝率を上げ、獲得賞金を増やすためには確率を元に数字を予想するためのゲームごとの出目、数字の偏りについてしっかり観察しておくことが大事でしょう。

ルーレットのホイール盤を4分割するシフトベット法

ルーレットのベット方法の一つとしてプロも利用するのがシフトベット法で、これはルーレットのホイール盤を基準に賭ける数字を選ぶ方法です。

ホイール盤を基準にするので賭けたチップを置く場所がバラバラになり、一見すると難しそうに思えますが、シフトベットはホイールをどう4分割するかだけ覚えておけば、特にテクニックは必要ありません。

・アメリカンルーレットの場合

A(0シフト) 「0・2・9・11・14・23・26・28・30・35」
B(00シフト) 「00・1・10・12・13・24・25・27・29・36」
C(7・5・3シフト) 「3・5・7・15・17・20・22・32・34」
D(4・6・8シフト) 「4・6・8・16・18・19・21・31・33」

・ヨーロピアンルーレットの場合

A 「2・4・15・17・19・21・25・32・34」
B 「6・8・10・11・13・23・27・30・36」
C 「1・5・9・14・16・20・24・31・33」
D 「3・7・12・18・22・26・28・29・35」

どのエリアにベットするかを決めたら、そのエリアに含まれている数字全てにストレートアップでベットします。

全てストレートアップなので配当は36倍、賭ける場所は9か所なので1ドルずつ賭けた場合の1ゲーム当たりの賭け金は9ドル、どれかが当たれば36ドル受け取れることになり、4回に1回的中させれば資金を減らすことなくゲームを続けることができ、2回、3回と続けて勝てば資金を増やすことが可能です。

勝率をアップするには賭け方にテクニックが必要

フラワーベット法のように複数のベット法を組み合わせた賭け方に名前が付いているものもありますが、特に名前が付いていなくても複数のベット法を組み合わせることは可能で、組み合わせによって勝率を上げることができます。

最も簡単な複数のベット法の組み合わせは、3倍配当のダズンベットやカラムベットに2か所賭ける方法です。

ダズンベットやカラムベットが当たる確率は1/3ですが、2か所に賭ければ2/3の確率で当たります。

カジモン
基本的なベット方法だけでなく、特殊なベット方法、複数のベット方法の組み合わせなど、色々なパターンで賭けを行えば、ルーレットの勝率を上げることができるでしょう。

投稿日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.