これで勝てる!ブラックジャック攻略法

ブラックジャック

ブラックジャックはオンラインカジノでプレイできるゲームの中でも勝ちやすい、ペイアウト率の高さがトップクラスなので稼げると言われていますが、何も考えずにプレイしているだけでは到底ブラックジャックで儲けることはできません。

ペイアウト率が高いという利点を生かし、ブラックジャックでしっかり稼ぐには攻略法を知って勝率をさらに上げることが大事です。

ブラックジャックはオンラインカジノだけでなく、ランドカジノでもお馴染みのゲームということもあり、多くのプレイヤーが攻略法を考え出しています。

中には根拠のない怪しげな攻略法もありますが、ブラックジャックには鉄板とも言える攻略法がいくつも存在し、それを使うことで実際に大儲けしているプレイヤーも少なくありません。

カジモン
ここでは、ブラックジャックをどう攻略すれば勝率を上げ、より多くの勝利金を手にすることができるのか、効果的な攻略法についてお伝えします。

ブラックジャックで攻略法を使うべき理由

ブラックジャックのペイアウト率は一般的に96%程度と言われていますが、場合によっては100%を超えることもあります。

ペイアウト率が高ければ高いほど、オンラインカジノの儲けが少なくなるということで普通に考えれば100%を超えることはあり得ませんが、他のゲームも含めてオンラインカジノ全体で利益を出すことで100%超えのペイアウト率が実現するという訳です。

とはいえ、他のゲームでペイアウト率が100%を超えることはなく、基本的にはブラックジャックのみで起こる現象であることも間違いありません。

また、元々96%程度と言われるブラックジャックのペイアウト率を99%以上に高めるための攻略法はいくつも存在しており、攻略法を使うことで他のゲームより稼げることは確かです。

ブラックジャックはプレイヤーに有利なルールがいくつもありますが、このルールが適用されること、戦略を立ててプレイできることからもブラックジャックは勝てる可能性の高いゲームです。

プレイヤーに有利なルールとは主に次のようなものです。

  1. 任意でアクションを起こせるのはプレイヤーのみ
  2. スプリットが可能なのはプレイヤーのみ
  3. プレイヤーはダブルダウンの選択が可能
  4. プレイヤーはインシュランスの選択が可能

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーの勝負ではあるものの、ディーラーは自分の意思でアクションを起こすことができません。

そのため、任意でアクションを起こせるプレイヤーにとって、絶対的に有利で勝つチャンスのあるゲームということになります。

何の戦略も持たずにブラックジャックをプレイするということは、せっかくの勝てる勝負を自分から放棄しているのと同じこととと言えます。

ブラックジャックをプレイするためにはルールを覚える必要がありますが、それと同じくらい大事なのが攻略法を知ることです。

攻略法は何種類かあり、組み合わせて使うこともできますし、勝負の流れに応じて使い分けることもできます。

全ての攻略法を覚える必要はありませんが、最低でもどんな攻略法があって、どんな時に使えば効果的なのかといった基本についての知識を持っておきましょう。

ブラックジャックの攻略法として鉄板の「ベーシックストラテジー」とは

ブラックジャックの攻略法、必勝法について調べたことがある人なら必ず聞いたことがあると言えるほど有名な攻略法が「ベーシックストラテジー」です。

名前からわかる通り、ブラックジャックに勝つための基本的な戦略であり、この通りにプレイすれば計算上はペイアウト率が99.7%にまで高まるとされており、勝つためにはこれだけ知っておけば良いというプレイヤーも少なくありません。

ベーシックストラテジーとは、こういうカードが手元にある時にはこうアクションするという指標とも言えるべきもので、ディーラーのアップカードとハンドの組み合わせによって取るべきアクションが変わってきます。

下記に挙げたのがベーシックストラテジーの表で、これを見ながらプレイするだけでブラックジャックを攻略することが可能です。

表1

ハードハンド (手札にAなし) ディーラーのアップカード
  2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
8以下 H H H H H H H H H H
9 H D D D D H H H H H
10 D D D D D D D D H H
11 D D D D D D D D D H
12 H H S S S H H H H H
13 S S S S S H H H H H
14 S S S S S H H H H H
15 S S S S S H H H H H
16 S S S S S H H H H H
17以上 S S S S S S S S S S

表2

ソフトハンド(手札にAあり) ディーラーのアップカード
  2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
A・2 H H H D D H H H H H
A・3 H H H D D H H H H H
A・4 H H D D D H H H H H
A・5 H H D D D H H H H H
A・6 H D D D D H H H H H
A・7 S D D D D S S H H H
A・8 S S S S S S S S S S

表3

スプリット (手札が同数) ディーラーのアップカード
  2 3 4 5 6 7 8 9 10 A
2・2 P P P P P P H H H H
3・3 P P P P P P H H H H
4・4 H H H P P H H H H H
5・5 D D D D D D D D H H
6・6 P P P P P H H H H H
7・7 P P P P P P H H H H
8・8 P P P P P P P P P P
9・9 P P P P P S P P S S
10・10 S S S S S S S S S S
A・A P P P P P P P P P P
《表中の記号の見方》

H-ヒット - カードを引く
S-スタンド - カードを引かずに手元のカードで勝負する
D-ダブルダウン - 最初のベット額と同額を賭け、さらにカードを引いて勝負する
P-スプリット – 最初に配られたカードが同じ数字の場合、2つに分けてゲームを続行する

ベーシックストラテジーはプレイヤーの手元にあるカードの合計値とディーラーのアップカードの数字から次に起こすべきアクションが決まりますが、これは確率論に基づいたものです。

この表通りにプレイすれば高確率で予測した展開になるという指標でもあります。

最も効果を発揮するのはシングルデッキのブラックジャックで、デッキ数が増えるとベーシックストラテジーの効果も下がるため、プレイする際にはデッキ数の確認を忘れないようにしましょう。

初心者でも実践しやすいブラックジャック攻略法「カードカウンティング」

ランドカジノではプレイヤーの勝率が上がりすぎることから対策が取られている、禁止されているとも言われる効果的なブラックジャック攻略法が「カードカウンティング」です。

カードカウンティングの仕組みを簡単に説明すると、場に出て数字がわかっている状態のカードを覚えておき、まだ使われていないカードの中にどの数字のカードが残っているかを把握するというもので、やり方は何種類か存在します。

ブラックジャックに使われるカードの枚数は50枚以上なので、全てのカードを覚えるのは至難の業です。

そのため、一枚ずつのカードを全て覚えるのではなく、カードをいくつかのグループ分けしてざっくりと把握する法歩が一般的です。

【ハイローシステムによるカウンティング】

10,J,Q,K,A=マイナス1
7,8,9=プラスマイナス0
2.3.4.5.6=プラス1

10または10にカウントされる絵札、11とカウントできるAは、ブラックジャックの勝敗を分ける大きなポイントとなります。

まだ数字が見えていないカードは全て10とみなせというのがブラックジャックの鉄則で、それがどのくらい残っているかを予測できればプレイヤーに有利なことは確かでしょう。

ハイローシステムではカードを3つのグループに分けますが、他にも4つに分ける方法やマイナス1、プラス1ではなくマイナス2など足したり引いたりする数字が変わるカウンティングの方法もあります。

10,J,Q,K=マイナス2
A,8,9=プラスマイナス0
2,3,6、7=プラス1
4,5=プラス2

ハイローシステムによるカウンティングよりもカードの分け方が細かくなる分、少し複雑に思えますがオンラインカジノでカウンティングをする時はメモを取ることができるので、実際にはどちらの方法もそれほど難しくはありません。

これでも、やはりカウンティングは難しいというのであれば具体的な数字を使わないカウンティングの方法もあります。

それが「カジュアルシステム」というカウンティングの方法で、いわば勘を頼りにするカウンティングです。

誰でもできる方法として知られているカウンティングですが、実践してみると意外と効果的なことがわかるかもしれません。

方法は「大きな数字のカードが場に多く出ているかどうか」を感覚的に見極めるだけです。

枚数をしっかり数える必要もなく、何となく10以上のカードがたくさん出ていると思ったら慎重にプレイ、小さな数字のカードばかり出ていると感じたら積極的にプレイするというシンプルな方法なので、カウンティングの入門編と言われることもあります。

とはいえ、カードの数字を注意深く観察する、ゲームの流れを読む力を付けるという意味でも役立つので、ブラックジャック初心者にもお勧めできる攻略法です。

オンラインカジノ全般で使える必勝法「マネーマネジメントシステム」

ブラックジャックに限らず、ギャンブル全般に有効な攻略法として「マネーマネジメントシステム」があります。

これもカウンティングやベーシックストラテジー同様に確率を元にしたものですが、どのように賭けるかで勝率を上げる方法です。

マネーマネジメントシステムはプレイするゲームごと、勝敗の状況ごとに適した方法があり、リスクとリターンのバランスにもかなりの差があります。

そのため、マネーマネジメントシステムを攻略法として使用するのであれば、どんな状況でどの方法を使うべきなのかも合わせて覚えなければなりません。

リスクとリターンのバランスが良いマーチンゲール法

ブラックジャックだけでなく色々なギャンブルのマネーマネジメントシステムとして知られているのがマーチンゲール法で、やり方が簡単なこともあって初心者でも試しやすい攻略法です。

【マーチンゲール法のメリット】

・連敗が続いて損失額が大きくなっても一度勝てば回収が可能
・理論上は100%の確率で勝てる

【マーチンゲール法のデメリット】

・連敗が続いている間は賭け金の増大スピードが早い
・マキシマムベットに阻まれて勝負が続けられなくなる
・一度の勝ちで損失を回収できても利益は小さい

マーチンゲール法は勝つか負けるか、勝率が1/2のゲームなら応用範囲の広いマネーマネジメントシステムのため、ルーレットなどで使われることもあります。

負けている間はベット額を倍にし続けるため、連敗している間のベット額は思った以上に急激に膨らんでしまい、テーブルによってはマキシマムベット額を超えてしまうので勝つまで続けられないことも少なくありません。

理論上100%勝てるというのは勝つまで続けられることが前提のため、マキシマムベット額があることを考えると100%の勝ちというのは難しいでしょう。

何連敗までならOKなのか、事前に考えてから使用することが大事な攻略法です。

積極的に攻めるパーレイ法

パーレイ法はマーチンゲール法と真逆の勝っているタイミングで使用する攻略法で、勝ち続けている間は賭け金を倍に増やしていくので、それだけ受け取る配当金も増えます。

【パーレイ法のメリット】

・連勝で一獲千金を狙える
・実践方法が簡単で初心者でも使える

【パーレイ法のデメリット】

・一度の負けで全てを失う
・マキシマムベット以上の賭けはできない

勝率が1/2のゲームで連勝を続けるのはそれほど難しくないことから、ゲームの波に乗ればパーレイ法で一獲千金も夢ではありません。
最初のベット額を10ドルにしておけば、7連勝で1280ドルもの勝利金を手にすることができます。

ただし、一度でも負ければその時点でゼロ、最初のベット額がマイナスになるだけで終わるので止め時の見極めが肝心です。

手堅く勝ちに行くモンテカルロ法

カジノを破産に追い込むほどの効果があると言われる攻略法が「モンテカルロ法」です。

実際にカジノを破産させたという事実はないとされていますが、かなり効果的な攻略法であることは確かで手堅く勝利金を積み上げていきたいプレイヤーにはお勧めです。

【モンテカルロ法のメリット】

・掛け金の急激な増大がない
・少ない勝ちで利益を出せる

【モンテカルロ法のデメリット】

・計算が必要
・短期勝負には向かない
・勝ち負けが交互になると賭け金が膨らむ

モンテカルロ法は勝ち負けに応じて数字を書いたり消したりする必要があるので、ランドカジノでは使いづらい攻略法ですが、オンラインカジノなら問題なく使用できます。

短期で稼ぐのは難しいので、じっくりとゲームに取り組める時に試してみると良いでしょう。

投稿日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.