これで完璧!オンラインカジノのバカラ総まとめ

バカラ

オンラインカジノでプレイできるゲームの種類は色々ですが、実際にプレイしたことがない人でもバカラというゲームの名前くらいは聞いたことがあるはずです。

まさに「ギャンブル」といったイメージを持つ人も多いバカラは、大金が動くゲームとしても知られていますし、日本では違法賭博で逮捕者が出たというニュースで名前を聞くことも少なくありません。

もちろん、バカラ自体に違法性はありませんし、海外で運営されているオンラインカジノでバカラをプレイしても逮捕されることはありませんが、バカラに対して悪いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

バカラはトランプを使うカードゲームですが、ルールは意外なほどシンプル、他のゲームとは少し違ったプレイの仕方をするものの、初心者でも賭けやすく攻略法も多数存在するため、稼ぎやすいゲームでもあります。

カジモン
ここでは、バカラとはいったいどんなゲームなのかというところから、どんな方法を使えばバカラで稼ぐことができるのかというところまで、バカラについての情報を総まとめにしてお伝えします。

オンラインカジノの人気ゲーム「バカラ」とは

カジノでプレイするゲームのほとんどは、自分対ディーラー、あるいは自分対ゲーム機で対戦することになりますが、バカラは架空の人物が行う勝負の勝敗を予想するというゲームです。

架空の人物とは「プレイヤー」と「バンカー」で、この場合のプレイヤーは自分のことではありません。

そのため、バカラをプレイする時には自分でカードを選ぶ必要はなく、単にゲーム開始前にゲーム結果に対する賭けを行えばあとは勝負の行方を見守るしかないということです。

ゲームの進行はスピーディーで勝負の結果がすぐわかることからハイローラーに人気があり、マカオのランドカジノでは中国人のお金持ちたちが群がるゲームとしても知られています。

ルールは簡単!初心者でもすぐにプレイできるのがバカラの魅力

バカラにはいくつか種類がありますが、基本的なルールはほとんど共通しています。

どのバカラにも共通するバカラのルールとは、プレイヤーとバンカー双方に2枚あるいは3枚のカードが配られ、そのカードの合計値が9を超えず、9に近い方が勝つというものです。

カードの合計値が21を超えず、21に近い方が勝ちというブラックジャックに似たルールなので、ブラックジャックをプレイした経験がある人ならバカラのルールにもすぐに馴染めるでしょうし、初心者でも1,2回プレイしてみれば基本的なルールは理解できます。

ただし、重要なポイントとして覚えておかなければならないのは、自分がディーラーと勝負するのではなく、あくまでもバンカーとプレイヤーという架空の人物の勝負の勝敗に賭けるという点です。

また、バンカーとプレイヤーにテクニック的な差はなく、どのカードが手元に配られるかによって勝敗が変わってくるため、運に左右されやすいゲームと言えるでしょう。

だからこそ初心者でも勝てるチャンスが十分にあるゲームで、確率的に言えば勝率は50%、ゲームの流れを読みつつ、確率論を元にした攻略法を覚えることで稼げるゲームでもあります。

バカラで勝負するのはプレイヤーとバンカーですが、他のゲームと同じようにディーラーもゲームに参加します。

とはいえ、ディーラーが果たす役割はゲームの進行をサポートするだけ、勝敗に関係する存在ではありません。

カードを配るのもディーラーの役目ですが、ディーラーは自分の意思でカードを配る、配らないという判断ができるわけではなく、バカラのルールに従って機械的にカードを配るのみです。

そのため、ディーラーの腕前が勝負に関わってくることもなく、単にカードを配ってゲームを進行し、勝負がついた後に賭け金の清算を行うだけと考えておきましょう。

バカラにおけるカードの数え方

バカラは一般的なトランプを使用するカードゲームですが、一部の数字については特殊なカウント方法が用いられます。

トランプにはAとJ、Q、Kという絵柄のカード、2から10までの数字が書かれたカードがありますが、2から9までの数字が書かれたカードはそのままの数字でカウントします。

書かれた数字と異なるカウントをするのは10で、10は0と数える点に注意しましょう。

また、J、Q、Kについても10と同様に0と数え、Aについては1とカウントします。

ブラックジャックではAを1か11、J、Q、Kを10と数えますが、バカラでは下一桁の数字しか見ないのでAは1、J、Q、Kを0と数えると考えればわかりやすいかもしれません。

知っておけばバカラがより楽しめる用語集

バカラはルールを知らなくても使われる用語を覚えていなくてもゲームに参加することは可能ですが、ゲームをより楽しむためには基本的な用語を覚えておくのもおススメです。

【ベットに関するバカラ用語】

・プレイヤー(PLAYER)
ベットを行う対象の一つで、プレイヤーが勝利した場合の配当は2倍となる。

・バンカー(BANKER)
ベットを行う対象の一つで、バンカーが勝利した場合の配当は1.95倍となる。

・タイ(TIE)
プレイヤーとバンカーが引き分けることに賭けるベット方法で配当は8倍、引き分けた勝負自体をタイと呼ぶ。

・サイドベット
プレイヤー、バンカー、タイ以外にベットすることをまとめてサイドベットと呼ぶ。

・・ビッグ/スモール
ビッグは3枚目のカードが配られたとき、スモールは3枚目のカードが配られなかったときに賭けていれば配当を受け取ることができるベット方法で、ビッグの配当は0.54倍、スモールの配当は1.5倍となる。

・・プレイヤーペア
プレイヤーに最初に配られるカードでペアが成立することに賭けるベット方法で、配当は11倍となる。

・・バンカーペア
バンカーに最初に配られるカードでペアが成立することに賭けるベット方法で、配当は11倍となる。

・・イーザーペア
プレイヤーかバンカーのどちらかに配られた最初の2枚のカードでペアが成立することに賭けるベット方法で、配当は5倍となる。

【ゲームの進行に関するバカラ用語】

・ハンド
プレイヤー、バンカーに配られたカードのことを指す。

・ナチュラル
最初に配られたカードの合計値が8、9のいずれかになること。
8の場合はル・プチ・ナチュラル、9の場合はル・グラン・ナチュラルと呼び、3枚目のカードを引かずに勝負する。

・ヒット
3枚目のカードを引くこと。

・スタンド
3枚目のカードを引かず、最初に配られたカードだけで勝負すること。

・スクイーズ(絞り)
カードの数字を見るためにゆっくりとめくる動作を指す。
参加者の中で最も賭け金が多いプレイヤー(オーナーシップ)にスクイーズの権利がある。

バカラの重要なポイント「3枚目のカード」の条件

ディーラー主導でゲームが進んでいくバカラでは、賭ける人がルールを知らなくても全く問題はありませんが、どのような条件の時に3枚目のカードが配られるのかがわかっていればゲームの流れを把握しやすくなります。

3枚目のカードが配られるかどうかは、バンカーとプレイヤーの手元に配られたカードの合計値によって変わってきますが、大前提として決して3枚目のカードが配られないケースが2つあるので、まずはこの2つのケースについて覚えておきましょう。

一つ目はナチュラルとなった場合で、プレイヤーとバンカーの双方のカードの合計値が8か9、またはプレイヤー、バンカーのいずれかのカードの合計値が8か9になると3枚目のカードが配られることなく勝負となります。

二つ目はプレイヤーとバンカーの双方のカードの合計値が6か7になった場合で、バンカーが6、プレイヤーが7であればプレイヤーの方が9に近いためプレイヤーの勝ちです。

3枚目のカードが配られる条件に付いては、プレイヤー側とバンカー側で変わってくるのでそれぞれの条件をわけて覚えておいてください。

【プレイヤーに3枚目のカードが配られる条件】
・最初に配られたカードの合計値が5以下
【バンカーに3枚目のカードが配られる条件】
・最初に配られたカードの合計値が0、1、2
・最初に配られたカードの合計値が3、プレイヤーに配られた3枚目のカードが8以外
・最初に配られたカードの合計値が4、プレイヤーに配られた3枚目のカードが2~7
・最初に配られたカードの合計値が5、プレイヤーに配られた3枚目のカードが4~7
・最初に配られたカードの合計値が6、プレイヤーに配られた3枚目のカードが6か7

プレイヤーに3枚目のカードが配られるかどうかの条件はシンプルですが、バンカーに3枚目のカードが配られるかどうかはプレイヤーが3枚目のカードを引くか、そのカードの数字がいくつなのかによって変わってきます。

最初に全部の組み合わせを覚えるのは大変ですが、プレイしていくうちに少しずつ覚えられるはずです。

カジモンお勧めのバカラ攻略法

バカラにはたくさんの攻略法があり、どれか一つを覚えるだけでも勝率を格段に上げることができます。

もちろん、攻略法と言っても100%勝てる方法というわけではなく、どちらかと言えば負けにくくするための方法、負けた時の資金の減少をできるだけ軽減する方法と考えたほうが良いかもしれません。

とはいえ、幸いバカラは古くから研究されてきたゲームでもあり、攻略法の効果についてもかなり確かなものであることは間違いのない事実です。

カジモンお勧めのバカラ攻略法は王道とも言えるバカラ攻略法で、正しく使えば長くゲームを楽しみつつ、利益を上げることもできる方法です。

これまでバカラで負けてばかりな人、初めてバカラをプレイする人など色々なタイプの人に役立つはずなので、ぜひ実戦で使ってみてください。

最強のバカラ必勝法?「カウンティング」

ランドカジノでは禁止行為とされているほど効果的でありながら、思った以上に手軽に使える攻略法が「カードカウンティング」です。

この攻略法はやり方によっていくつか種類があり、難易度もそれぞれに違っています。

仕組みを簡単に説明すると、すでに場に出ているカードを記録しておくことでシューに残されたカードを把握し、次に出るカードを予測するというものです。

・初心者でもできる「カジュアルシステム」

カジュアルシステムはカウンティングの最も基本的な方法で、場に出たカードをメモなどで残しておく必要もない簡単なものです。

すでに場に出ているカードが6、7、8、9など大きな数字の場合はプレイヤーに有利な状況と判断し、プレイヤーの勝利にベットします。

逆にAや2、3、4などの小さな数字が場に出ている時にはバンカーに有利な状況と判断します。

メモで場に出たカードの数字を記録していくわけでなく、直観的に大きな数字が出ている、あるいは小さな数字が出ているという判断を行うため、誰にでも利用できる攻略法ですが意外なほど効果を発揮するのがカジュアルシステムで、ゲームの流れを読む訓練にもなるためバカラ初心者こそ活用したい方法とも言えます。

・カードカウンティングを使う際の注意点

ランドカジノではそもそも禁止行為となっているカードカウンティングですが、オンラインカジノでもカウンティングができないように毎回カードがシャッフルされるのでカウンティングが効果を発揮しないケースもあります。

ライブバカラの場合にはカウンティングが効果的に使えることもあるので、攻略法としてカウンティングを利用する際はプレイするバカラの種類にも気をつけてください。

ゲームの結果が攻略法になる?「罫線」

バカラの攻略法を調べたときに必ず「罫線」という言葉が出てくると言っても良いほど、必勝法として一般的なものです。

罫線とはこれまでのゲームの勝敗を一覧としてまとめたもので、基本的な罫線としては下記の5つがあります。

・大路(ダイロ、ダァルー)
・小路(シュウロ、シャォルー)
・大眼仔(ダイガンチャイ、ダァガンツー)
・甲由路(カッチャロ)
・珠盤路(チューチャイロ)

元々、中国語からきているので日本語の読み方が多少異なることもありますが、漢字表記については同じなのでどの罫線を使えばよいのかで悩んだ時には漢字表記で確認しましょう。

最も基本となるのが大路で、それ以外は大路のバリエーションと考えることもできます。

大路の書き方はシンプルですが欧米とアジアでは使う色が違ったりすることもあるため、マークの色と意味についてはきちんと把握しておくことが大事です。

一般的に欧米ではバンカーを青、プレイヤーを赤、アジア諸国ではバンカーを赤、プレイヤーを黒や青で記載します。

例えば欧米式にバンカーの勝ちを青丸、プレイヤーの勝ちを赤丸で記載するとした場合、バンカーが勝った時にはマス目の縦に青丸が並んでいきます。

プレイヤーが勝利した場合は、それまで青丸を記載していた隣の列に赤丸を記載、引き分けの時には何も記載しない、あるいは斜め線を書き入れることもあります。

どちらか片方が連勝していれば同じ色の丸が縦に続き、勝ち負けが交互になれば横に色違いの丸が書き入れられることになり、勝負の波が一目でわかるというのが大路の重要なポイントです。

ただし、大路だけではゲームの波を予想しきれないこともあるので、その場合には小路や 甲由路など他の罫線を利用してゲームの流れを予想しましょう。

全ての罫線の書き方、読み方を理解すれば勝率が上がる可能性があるだけでなく、ゲームの予想がさらに楽しめるというメリットもあります。

勝つだけでなく純粋にバカラを楽しみたい人にも、攻略法としての罫線の利用がお勧めです。

状況に応じた使い分けが大事「ベッティングシステム」

資金をどう管理するかもバカラで勝つためには重要な要素で、それ自体が攻略法にもなります。

ベッティングシステムやマネーシステムとも呼ばれる攻略法は、バカラ以外にも有効な方法でギャンブルで効率よく稼ぐための基本とも言われるものです。

マーチンゲール法やパーレー法などもベッティングシステムに含まれるものですが、これらはバカラにももちろん有効で、ゲームの流れに応じて使い分けができるよう複数のベッティングシステムを覚えておくと良いでしょう。

・10%法

ベッティングシステムの中でも資金を大きく減らすことがなく、リスクを避けることができるのが10%法です。

資金の10%をベットしていくという単純なベット方法で、手持ちの資金が少なければベット額も低く、多ければベット額も高くなります。

あまり大きな勝負ができない反面、勝ち続けて資金が増えていけばベット額が高くなるので配当も多くなるので、時間をかけて勝負できる人ならバカラで堅実に稼ぐことも可能です。

・ハーフストップ法

ハーフストップ法はゲームに勝っている時、負けている時関係なく使えるベッティングシステムです、ベットに使うのはゲームで得た利益の半分です。

利益の半分であれば、それをどのように配分してベットしてもOK、ハーフストップ法に他のベッティングシステムを組み合わせて使うこともできる便利な方法で、負けたとしても利益の半分は確保できている堅実な方法でもあります。

ただし、利益の半分を賭けに使えるというのは、あくまでも自分の中でのルールであるため、それを守れるかどうかがポイントとなります。

どんなベッティングシステムでも大事な自己管理が、さらに重要になる攻略法とも言えるでしょう。

・ダランベール法

ダランベール法はゲームに勝った時、負けた時でベット額を増減させていく方法で、どのタイミングでもスタートできます。

例えば1ドルを賭けてゲームに負けたら次のゲームではベット額を1単位増やし、逆に勝った場合は1単位減らしていく方法で、連敗したとしても資金の減少が緩やかなのが特徴です。

最初に連敗が続くと最終的に損失が出るため仕切り直しが必要になるものの、負け続けた時の損失が少ないという安心感があります。

連敗して損失が出そうになったら罫線でゲームの流れを予想しながらベットせずに様子見をし、波がつかめたところで再度ベットするという方法を取ると良いでしょう。

バカラはどこのオンラインカジノでプレイするのがおススメ?

オンラインカジノでは必ず複数のバカラを揃えていて、プレイヤーの好みでゲームを選ぶことができます。

テーブルリミットや導入されているゲームの種類も色々あるので、自分に合ったオンラインカジノを選んでバカラを楽しんでみましょう。

ネットなどではどこのオンラインカジノのバカラが勝ちやすいなどといった情報もありますが、同じゲーミングプロバイダが提供するゲームであれば、オンラインカジノごとにハウスエッジなどに差はありません。

また、オンラインカジノでは定期的に新しいゲームが登場していますし、逆に以前はプレイできたゲームがなくなってしまうこともあるため、どれか一つに絞る必要はなく、いくつかのオンラインカジノに登録しておくのも良いでしょう。

ライブバカラが人気!「ベラジョンカジノ」

ベラジョンカジノではヨーロッパ、アジアとそれぞれ異なる雰囲気が楽しめるライブカジノが人気で、それぞれのライブカジノでライブバカラがプレイできます。

エボリューションゲーミング社を採用しているカジノパリスではバカラ、スピードバカラ、ノーコミッションバカラ、バカラスクイーズ、プントバンコ、ドラゴンタイガー、VIPバカラといった多彩なバカラがあるので、様々なタイプのプレイヤーを満足させることができそうです。

ごく一般的なバカラはバカラA、バカラBの2テーブルあり、テーブルリミットは1ドル~5000ドル、ベッティングシステムを利用してプレイしたい時にもスピードバカラのように焦る必要はなく、しっかり考えてからベットできるのでバカラに慣れていない初心者にもピッタリです。

とにかく早く勝負をつけたい、テンポよくゲームを進めたいという人にはスピードバカラもおススメです。

テーブルリミットは通常のバカラと同じ1ドル~5000ドルですが、デッキからカードを出すと同時にめくるのでゲームの決着がつくまでの時間がわずか数秒、結果を早く知って次のゲームに進みたいという人にはスピードバカラが向いています。

バカラはバンカーに賭けて勝った時の配当が0.95倍になるのが普通で、プレイヤーよりも低い配当になっているのはオンラインカジノにコミッションとして支払っているからです。

そのコミッションが不要なのがノーコミッションバカラで、ベラジョンカジノのライブカジノではノーコミッションバカラのテーブルもあります。

オンラインカジノ側にコミッションを支払うのが嫌な人は、ノーコミッションバカラでプレイしてみましょう。

ただし、ノーコミッションバカラではバンカーが6で勝った時の配当が0.5倍となる点に注意が必要で、1回ごとに少しずつコミッションを払う必要はないものの、勝ち方によって配当が大きく変わることを覚えておいてください。

ランドカジノのような臨場感と緊張感のあるバカラをプレイしたい人は、ライブバカラの中でもバカラスクイーズがおススメです。

スクイーズしたからといってゲームの結果が変わるわけではないものの、バカラの醍醐味はスクイーズにあるという人もいるほどなので、一度経験しておいても良いかもしれません。

プントバンコ、ドラゴンタイガーはバカラと名が付いていないものの、基本的なルールは同じで西洋版バカラ、アジア版バカラと呼ばれることもあります。

プントバンコのプントはプレイヤー、バンコはバンカーと名前が変わっていますが、バカラのルールを知っていれば普通に楽しめるゲームです。

ドラゴンタイガーはドラゴンとタイガーのどちらの数字が大きいかに賭けるゲームで、発祥はカンボジア、マカオのランドカジノでは人気のあるゲームでカードを1枚しか使わないので、すぐに決着が付きます。

バカラのサイドベットのような賭け方もあるので、スピーディーでシンプルなゲームながらも飽きずにプレイすることができます。

ベラジョンカジノのライブバカラは2500ドル~5000ドルのテーブルリミットが普通ですが、VIPバカラは15000ドルまでベット可能です。

大勢が一つのテーブルでプレイするのではなく、お一人様専用のSalon Private Baccaratがそれで、VIPバカラと呼ばれることからわかる通りハイローラーも満足できる高額ベットができます。

本格的なスクイーズバカラも楽しめる「カジ旅」

カジ旅では少額からベットできるバカラ、10000ドルの高額ベットが可能なバカラの両方でプレイすることができます。

ライブバカラではバカラ、スピードバカラ、バカラスクイーズ、ノーコミッションバカラ、バカラコントロールスクイーズの5種類とドラゴンタイガー、テーブルゲームでもバカラ、プントバンコの2種類がプレイできるので、好みに合わせて選ぶことが可能です。

自分のペースでゲームを進行できるテーブルゲームのバカラは、初心者でバカラに慣れていない人に人気がありますし、ライブバカラでは本格的なスクイーズが楽しめるテーブルに人気が集まっています。

テーブルバカラを提供しているのは質の良いゲーミングプロバイダとして定評のあるNetent社、画面のレイアウトも見やすくプレイ中には心地よい音楽が流れているので、急かされることなくゆったりとプレイできます。

本格的なスクイーズが楽しみたい人には、やはりバカラスクイーズの人気が高く、高額ベットを行うハイローラーが好んでプレイしているようです。

ランドカジノでは基本的に最高額をベットした人、またはディーラーのみにスクイーズの権利がありますがカジ旅のバカラスクイーズならベット額に関係なく自分でスクイーズできます。

一瞬でめくってもゆっくりめくっても結果に変わりがないとわかっていても緊張感が味わえるスクイーズを体験したいなら、カジ旅でプレイしてみましょう。

ログインした状態でリアルマネーを賭けてプレイする以外に、ログアウトして無料ゲームを楽しむこともできます。

まだバカラに慣れていなくてお金を賭けるのは心配という人は、まず無料ゲームでバカラに慣れてからリアルマネーを賭けたプレイをするのもおススメです。

本場のカジノさながらの高レートバカラでプレイできる「エンパイアカジノ」

バカラのテーブルだけで250以上、その数の多さでは他のオンラインカジノを圧倒すると言われるのがエンパイアカジノで、テーブルリミットも1ドル~6万ドルと本場のカジノと同じようなプレイができます。

ライブバカラでは相性の良いディーラー、好みのディーラーを探すのも楽しみの一つですが、エンパイアカジノでは業界最大級のディーラー数を誇るため、自分に合ったディーラーを見つけるのも難しくありません。

ライブバカラが楽しめる会場は全部で10か所、それぞれで異なるゲーミングプロバイダを採用しているので、特色のあるライブカジノとなっています。

カジノパリス エボリューションゲーミング
カジノベガス アジアゲーミング
カジノマニラ マイクロゲーミング
カジノシンガポール HoGaming
カジノソウル TAISHAN
カジノリノ Ezugi
カジノマカオ GamePlay
カジノ北京 VIVOGaming
カジノ東京 DeluxeGOLD
カジノ済州 N2LIVE

エボリューションゲーミング社やマイクロゲーミング社といった他のオンラインカジノでもおなじみのプロバイダだけでなく、日本でプレイできるオンラインカジノではほとんど見かけることのないN2LIVE社やTAISHAN社のライブバカラは画像が安定しないなど問題が起きることもあるようですが、テーブル数が豊富なので不具合があれば他のゲームに変更することも簡単にできます。

ハイローラー向けの6万ドルの高額ベットが可能なテーブルはもちろん、0.5ドルからの少額プレイも楽しめるので、どんなタイプのプレイヤーでも満足できるのがエンパイアカジノのバカラの特徴でもあります。

他ではプレイできない珍しいライブバカラをプレイしたい、その時の気分でディーラーを選んでプレイしたいという人も、エンパイアカジノなら自由にテーブルを選んで遊べるので飽きることはないはずです。

エンパイアカジノには入金不要ボーナスを始めとした多くのボーナスがあり、サポート体制も充実しているのでオンラインカジノ慣れしていない人でも安心してプレイできます。

バカラをメインにプレイしたい人には間違いなくおススメできるのがエンパイアカジノですが、バカラ以外のゲームをプレイしたい人でも満足できることは間違いないでしょう。

更新日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.