バカラの勝率を確実に上げるテッパンの攻略法

バカラ

カジノゲームの中でも長い歴史を持つバカラは多くのプレイヤーによる研究が行われており、きちんとした根拠のある攻略法も存在します。

攻略法というと怪しいイメージを持たれがちですが、ここで紹介するのはネット商材としてコソコソ販売されるようなものではなく、世界中のバカラプレイヤーが利用する戦略のことです。

バカラは運に左右されやすいゲームではあるものの、何の戦略も持たなければ運にも見放されるでしょうし、どんなにツキがあってもそのチャンスをつかむことすらできません。

ハイローラーと言われるバカラに大金を投入するプレイヤーも、闇雲に高額ベットをしているのではなくバカラに適した攻略法に基づいてベットを行っています。

カジモン
今回は、バカラの勝率を確実に上げてバカラで稼ぐためのテッパンの攻略法について、ゲームの流れやシチュエーションごとに分けてご紹介します。

勝率1/2のバカラは攻略法を実践しやすいゲーム

バカラをプレイしたことがある人ならわかるように、バカラはバンカーが勝つかプレイヤーが勝つかに対して賭けを行うゲームなので単純に考えれば勝率は1/2ということになります。

引き分けに賭けることもできますが、ゲームの結果が引き分けに終わる確率と配当額を考えると引き分けにベットするのは賢明なベット方法とは言えません。

厳密に言えば「バンカーに賭けるべき」というバカラのセオリーからもわかる通り、バンカーの方がわずかに勝率が高いため、プレイヤーとバンカーに賭けた場合の勝てる確率は異なります。

バンカーが勝つ確率は45.8597%、プレイヤーが勝つ確率は44.6247%で、数字にすると約1%ですがバンカーの勝つ確率の方が高くなっています。

これは最初に配られた2枚のカードの合計が6以下、プレイヤーの数字の方が大きい場合にバンカーは必ず3枚目のカードを引くというルールになっているためで、このルールがバンカーの勝率をわずかながら高めることになるという訳です。

では、バンカーに賭け続けていたほうが有利なのかというとそういう訳ではなく、通常のゲームにおいては約1%の勝率の差はそれほど感じられないというプレイヤーも少なくありません。

どちらに賭けるか迷った時にはバンカーに賭けたほうが良いかもしれないという程度の認識でいるプレイヤーも多いので、バカラで勝つための絶対条件とは言えないでしょう。

多少の差はあるものの、やはりバカラの勝率は1/2と考えておけば良く、勝率1/2のゲームで使える攻略法はたくさんあります。

バカラが攻略しやすいゲームと言われることもあるのは、攻略法の数が多いことも理由の一つです。

状況に応じて攻略法を使い分ければ勝率アップ間違いなし

攻略法の数が多いバカラですが、全ての攻略法を覚える必要はありません。

それぞれの攻略法はゲームに勝った時にスタートする、負けた時にスタートするなど攻略法を使う条件があるので、いくつかを覚えておけば状況に応じて使い分けることが可能です。

一つの攻略法がダメなら他を試すという切り替えも攻略法を活用する上で大事な心構えなので、まずは代表的な攻略法をいくつか覚えて、実践しながら覚えていくのがおススメです。

負けている時に使えるバカラ攻略法3選

【マーチンゲール法】

理論上は100%勝てるという夢のような攻略法がマーチンゲール法で、色々なギャンブルに応用できる攻略法ということもあってかなり知名度も高い戦略です。

マーチンゲール法の使い方は簡単で、ゲームに負けている時に攻略法をスタートし、勝つまでは賭け金を2倍にし続けていくというものです。

何連敗していたとしても1回勝てばそれまでの損失を取り戻すことができるので、負け知らずの攻略法ということになります。

ただし、マーチンゲール法を使用する際には負け続けた時に賭け金が一気に増額するため、テーブルリミットの低い場合は勝つ前に勝負を止めなければならないことがあり、そうなると大負けのまま終わってしまいます。

例えば、1ドルの賭け金からスタートした場合でも10連敗した時の累計の賭け金は1023ドル、オンラインカジノのバカラでは500ドル、1000ドルがテーブルリミットのことも多いので勝つまでゲームを続けられないことも少なくありません。

もちろん、勝率5割のゲームで10連敗する確率は1/1024とかなり低いので、10連敗までに1勝する確率の方が高いのは間違いありませんが、絶対に10連敗しないとも限らないことは覚えておきましょう。

また、いくら負け知らず、一度勝てば損失を取り戻せるとは言っても連敗後に勝った場合の利益は大きくありません。

マーチンゲール法を使うには、テーブルリミットを確認して上限が高いテーブルでプレイする、何連敗までなら勝負するのか、1ゲーム当たりの賭け金の上限額を決めておくなど、事前に自分なりのルールを作っておくことも大事です。

【ココモ法】

ココモ法は2連敗以上した時にスタートする攻略法で、直前のゲームの賭け金とその前のゲームの賭け金を足した額をベットしていく方法です。

マーチンゲール法に比べると賭け金の増大幅は緩やかではあるものの、それでも連敗が続くと掛け金の額は大きくなります。

ただし、連敗が続いた場合に勝利すれば利益も大きくなるので、こちらも一気に損失を取り戻すことが可能な攻略法です。

10ゲームプレイした場合に10連敗する確率については1/1024とマーチンゲール法と同じですが、10ゲーム目まで負け続けたとしても1ドルからスタートした場合の賭け金は55ドルとマーチンゲール法に比べると遥かに少額です。

とはいえ、やはり連敗が続くことを考えるとテーブルリミットが高いバカラでプレイするに越したことはなく、何連敗までならゲームを続けるのかといったマイルールも必要です。

【ウィナーズ投資法】

負けている時に使う攻略法の中でも比較的リスクが少ないのがウィナーズ投資法です。

2連敗以上した時に攻略法をスタートさせますが、数列をメモしながら行うため慣れるまではベットに時間がかかるかもしれません。

ウィナーズ投資法のメリットは連敗続きでも賭け金がそれほど大きくならず、5連敗後に5連勝すれば五分五分の結果でも利益を出せる点です。

ただし、同じ五分五分の結果でも勝ち負けが交互になってしまうと損失額が利益を上回ってしまうので、どのタイミングで他の攻略法に切り替えるか状況を読む判断力も必要になります。

ランドカジノではメモを使った攻略法を実践するのは難しいですが、オンラインカジノならメモを見ながら、攻略法の使用方法を検索しながらのプレイも可能です。

無料でプレイできるバカラが用意されているオンラインカジノもあるので、ウィナーズ投資法を試してみたい時には無料ゲームで練習してから、リアルマネーでの勝負をした方が良いかもしれません。

勝っている時に使えるバカラ攻略法3選

【逆マーチンゲール法】

負けている時にスタートするマーチンゲール法と真逆の勝っている時にスタートする攻略法として知られているのが逆マーチンゲール法、あるいはパーレー法と呼ばれる攻略法です。

勝った時に賭け金額を増額するので連勝すれば利益もそれだけ大きくなりますが、一度負ければそれまでの利益がゼロになってしまいます。

一度勝てば損失を取り戻せるマーチンゲール法とは、この点でも真逆の攻略法と言えるでしょう。

勝ち続けている時は賭け金も大きくなる分、利益も大きく、いつまででもゲームを続けたくなりますがどんなギャンブルでも負ける時が来ます。

逆マーチンゲール法を使う際の一番大事なポイントは、勝っているタイミングで上手く止めることですが、勝利が続いている時は次も勝てるという妙な自信がわいてしまい、止め時を見失いがちです。

これを防ぐためには、利益の目標額を決めておきそれを達成したらいったんパーレー法をリセットする、あるいはゲーム自体を止めることが大事です。

欲を出してしまったがために1度の負けで大きな利益を失う羽目にならないよう、ここでもマイルールを事前に決めておくことが重要で、勝逃げするための必須条件とも言えるでしょう。

【グッドマン1235法】

グッドマン1235法は「1・2・3・5」を賭け金の一単位として、順番に賭けていく方法です。

1を1ドルとした場合の最初の賭け金は1ドル、2ゲーム目以降は2ドル、3ドル、5ドルと賭け金を変えていきますが、5まで賭け終わった後に連勝していれば以降の賭け金はずっと5のままです。

負けたタイミングで再度1ドルからスタートするので、攻略法をリセットするタイミングもわかりやすく、面倒な計算も不要なため初心者でも使いやすい攻略法です。

大きく賭け金が増大することがなく、2連勝すれば直後のゲームで負けたとしても利益が残るので、負けて全てを失うこともありません。

ただし、勝ち負けが交互になってしまい連勝できない状態が続くと利益が出せず、損失が膨らんでいくことになるのでこういう場合は5に達していなくても攻略法をリセットするか、他の攻略法を試してみるのがおススメです。

【バーネット1326法のメリット】

グッドマン1235法と似た攻略法にバーネット1326法があります。

攻略法の使い方はグッドマン1235法と同じで「1・3・2・6」の数字を一単位として考え、賭け金を変動させていく方法です。

1ゲーム目に1ドルを賭けて勝ったら2ゲーム目は3ドル、4ゲーム目は2ドル、5ゲーム目は6ドルを賭け、それ以降は負けるまで6ドルをベットし続けます。

負けた時点で攻略法はリセットしますが、この時点で利益が出ているのもグッドマン1235法と同じです。

バーネット1326法を使う時には2連勝すれば直後のゲームで負けても利益が出るものの、勝ち負けが交互になった場合は損失額が膨らみやすいという点に注意しましょう。

こちらも、勝ち負けが交互になっていると思ったら早めに攻略法をリセットするか、切り替えるかの判断が必要です。

チャンスとゲームの流れを見ながら使えるバカラ攻略法3選

【利益が出ている時に使うハーフストップ法】

直前のゲームの勝敗に関係なく、利益が出ている時ならどのタイミングでも使えるのがハーフストップ法です。

攻略法の使い方は、それまでに出ている利益の半分を賭け金にするというもので、1ゲーム当たりにいくら賭けるかの設定は自由です。

勝負の波に乗っているなと感じる時は利益の半分を1ゲームに賭けるのもアリですし、少し様子見をしたいという時は利益の半分という範囲内でベット額を調整するのもアリです。

この攻略法の良いところは、最初に利益の半分を残しているためハーフストップ法を始めてから全廃したとしても利益が確保できているという点で、使える金額が決まっているので止めるタイミングがわかりやすいというメリットもあります。

ただし、利益の半分を残したまま止められるかどうかは自分の意思次第なので、負けると熱くなりやすいタイプの人には向いていないかもしれません。

【賭け金の計算が簡単な10%法】

勝ち負けに関係なく使える攻略法としては、他に10%投資法があります。

ハーフストップ法は最初に利益の半分を確保して、残りの半分でベットを行いますが、10%投資法は常に自己資金の10%をベット額とする攻略法です。

100ドルの自己資金でスタートした場合の1ゲーム目の賭け金は10ドルで、そのゲームに勝って自己資金が110ドルに増えたら2ゲーム目の賭け金は11ドルとなります。

もし、次のゲームで負けてしまって自己資金が99ドルとなった場合、次のゲームの賭け金は9.9ドルになりますが小数点以下は切り捨て、切り上げのどちらかで考えるため、9ドルまたは10ドルを賭けてゲームを続行します。

10%投資法は最初に連勝すれば後で連敗しても利益が出せる攻略法ですが、逆に最初に連敗してしまうと元々の自己資金額に戻すのも難しくなるので、ゲームのスタート時点で連敗が続くようなら10%投資法以外の攻略法も検討してみましょう。

【ルールを自分で決めるセルフハイエナ法】

一般的な攻略法は使うタイミングや止め時などが決まっていますが、セルフハイエナ法は自分自身でルールを作り、それに沿って勝負するという攻略法です。

ルールの設定方法に決まりはなく、いくつかの攻略法を組み合わせる、バンカーが連続して勝った時に賭け金を増額するなど自由に設定できます。

セルフハイエナ法のルールを決めるには、プレイヤーとしての経験と勘、知識などが必要ですが、ある意味では複数の攻略法を組み合わせて使用するというシンプルな戦略とも考えられます。

カジモン
自分に合う攻略法、ゲームの流れによって使うべき攻略法がわかるようになったら、ぜひ試してみてください。

更新日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.