意外と簡単?バカラのルール徹底解説

バカラ

日本で賭博のニュースがあると名前が上がることも多いバカラは、カジノで定番のカードゲームであり、オンラインカジノでも根強い人気のあるゲームです。

特にアジア地域での人気は高くランドカジノではバカラのテーブルにアジア人のお金持ち、ハイローラーたちが群がる光景を目にすることも珍しくありません。

バカラはエレガントなゲームとも言われますが、実際には大金が動くゲームであり、運に左右されるため誰にでも一獲千金のチャンスがあるとも言えます。

ただ、初めてバカラをプレイする人にとっては、バカラの特徴が理解しづらかったり、ルールが複雑に思えたりすることもあるようです。

そこで、今回は初心者でもわかるようバカラのルールを徹底解説、すぐにオンラインカジノでバカラを楽しめるようゲームの進行や勝敗の決まり方についてもまとめてみました。

そもそもバカラってどんなゲーム?

バカラは他のカードゲームと違って自分がディーラーや他のプレイヤーと勝負するゲームではなく、勝負しているバンカー(Banker)とプレイヤー(Player)のどちらが勝つかを参加者として予想するゲームです。

プレイヤーと呼ばれる存在があることで、自分自身がそれに当たるのかと思う人もいるようですがこの場合のプレイヤーは自分ではなく、賭けを行う人はあくまでも勝負を見守る存在でしかありません。

これが、バカラをわかりにくくしている原因とも言われますが、その点がクリアになればそれほど迷うこともないでしょう。

プレイヤーとバンカー同士の勝負ではありますが、基本的に双方の経験や知識、ギャンブルの強さに差はなく、実力は五分五分となっています。

そのため、バカラは運任せのゲームと言われることもあり、どちらが勝つかは単純に1/2の確率と考えられます。

勝率が1/2のゲームの中でもバカラは特に運に左右されることが多く、そういった意味ではカジノの達人であろうと初心者であろうと大勝ちするチャンスがあるゲームとも言えるでしょう。

バカラのルールは世界共通?ローカルルールあり?

バカラの基本的なルールはどの国でも、どこのカジノでも同じですが微妙に異なるローカルルールが存在します。

また、バカラにはミニバカラやミディバカラなどの種類があり、欧米では明確に区別されるもののアジア圏内では定義が曖昧で、それぞれのルールについても少しずつ違いがあります。

例えば、ミニマムベット額が低く設定されていて通常ならミニバカラと呼ばれるものがバカラとだけ呼ばれることもありますし、バカラにしかないはずの絞りがあるミニバカラもあります。

ゲームの進行や大筋のルールを覚えておけばすぐにプレイできるのがバカラの魅力でもありますが、オンラインカジノでバカラをプレイする際には、念のためにどんなルールが適用されるのか事前に確認が必要でしょう。

バカラでディーラーが果たす役割とは

バカラはプレイヤーとバンカーの勝負ですが、その他にゲームに関係してくるのがディーラーの存在です。

ディーラーが行うアクションはプレイヤーとバンカーにカードを配ることで、いわばゲームの進行を担う役割を果たします。

一般的なゲームではディーラーのスキル次第でプレイヤーが不利になることもありますが、バカラの場合はディーラーのスキルに左右されることがありません。

なぜなら、ディーラーはバカラのルールに従ってカードを配るだけ、ディーラーの意思でカードをコントロールすることができないからです。

ディーラーは勝負に関係のない完全な第三者的立場であるうえに、どれだけ優秀なディーラーであってもスキルを発揮するチャンスすらないのがバカラで、だからこそ運次第のゲームとなります。

バカラのルールの基本となるカードのカウント方法

バカラは一般的なトランプを使ったカードゲームすが、一部のカードで数字のカウントの仕方が異なります。

ただし、ゲームの進行や清算は全てディーラーがやってくれるので、カウント方法を知らなくてもプレイすることは可能です。

とはいえ、バカラをより一層楽しむためにはルール同様にカードのカウント方法を覚えておくに越したことはなく、カウント方法もごく簡単な法則にしたがえば良いだけなので、難しく考える必要はありません。

A〜9 Aは1とカウント、2~9はそのまま書かれている数字としてカウント
10〜K 全て0としてカウント

カードのカウントについて覚えるのはこれだけです。

バカラとブラックジャックのカードのカウント方法は同じと説明されることもありますが、それはA を1,11とカウント、10、J、Q、Kを10とカウントすることも可能だからで、ブラックジャックをプレイしたことがある人ならカウント方法にもすぐに慣れるでしょう。

A を1,11とカウント、10、J、Q、Kを10とカウントしても支障がないのは、バカラの場合カードの下一桁の数字しか勝負に関係してこないからです。

プレイ前に覚えておくべきバカラの用語

バカラに限らずオンラインカジノのゲームには専門的な用語が使われるので、全てを覚えられなくてもよく出てくる用語については覚えておくのがおススメです。

前述したようにバカラの進行はディーラー任せなので、参加者はベットさえすれば後はゲームが終わるのを待つしかありません。

ただ、用語を知っておいた方がよりバカラを楽しめることは確かです。

アップカード 表向きに置かれたカード
ダウンカード 裏向きにおかれたカード
オプション 3 枚目のカードを引くかどうかの選択をすること
スタンド/ステイ カードを引かないこと
ヒット カードを引くこと
ピクチャー J、Q、Kなどの絵柄カードのこと
ナチュラル 最初に配られた2枚のカードの合計値が8か9になること。

他にもバカラ独特の用語がありますが、一度に全部覚えられなくてもプレイしているうちに自然と身についていくはずです。

バカラの基本ルール

バカラのルールはシンプルなものなので、何度かプレイすればすぐに覚えられます。

プレイ前に確認しておきたい基本的なルールは

・ベットする人対ディーラーの勝負ではなくバンカーとプレイヤーが勝負するゲーム
・バンカー、プレイヤーに配られたカードの下一桁が9に近い方が勝ち
・ベットはバンカー、プレイヤーのどちらが勝つか、あるいは引き分けるかに対して行う
・バンカー、プレイヤーに配られるカードは最高3枚
・ディーラーはルールに沿ってバンカーとプレイヤーにカードを配る
・バンカーにベットして勝った場合のみハウスエッジが徴収される

ディーラーが従うべきルールとは

ディーラーは自分の意思でカードを配るかどうかを決めることができず、バンカー、プレイヤーの手元にあるカードに応じてカードを配ります。

それがディーラーが従うべきルールで、下記のように決められています。

【プレイヤーの最初の2枚のカードの合計値下一桁別カードの追加ルール】

0~5 3枚目のカードをヒット
6、7 3枚目のカードを引かずスタンド
8、9 バンカーも8、9の場合はそのまま勝負し、バンカーが8、9以外の場合はプレイヤーの勝利が確定

【バンカーの最初の2枚のカードの合計値下一桁別カードの追加ルール】

0~2 3枚目のカードをヒット
3 プレイヤーが3枚目をヒットしなければヒット
  プレイヤーが3枚目をヒットた場合、カードの下一桁が8であればスタンド、8以外であればヒット
4 プレイヤーが3枚目をヒットしなければヒット
  プレイヤーが3枚目をヒットた場合、カードの下一桁が0、1、8、9であればスタンド、それ以外であればヒット
5 プレイヤーが3枚目をヒットしなければヒット
  プレイヤーが3枚目をヒットた場合、カードの下一桁が4、5、6、7であればスタンド、それ以外であればヒット
6 プレイヤーが3枚目をヒットしなければヒット
  プレイヤーが3枚目をヒットた場合、カードの下一桁が6、7であればスタンド、それ以外であればヒット
7 3枚目をヒットできない
8、9 プレイヤーも8、9の場合はそのまま勝負し、プレイヤーが8、9以外の場合はバンカーの勝利が確定

バカラのゲーム進行と賭け方

バカラは自分自身がプレイするゲームではないため、ゲームの進行についても特に覚えておかなくてもベットさえ済ませれば後は勝手にゲームがスタートし勝敗が決定します。

テーブルゲームの中でも最も簡単と言われることもあるので、ベットの手順やゲームの進行についてざっくりとした知識があれば誰でも楽しむことができるでしょう。

・バカラテーブルのレイアウト

バカラのテーブルはディーラーサイドと参加者サイドに分かれており、その間にプレイヤーとバンカーのベットエリアがあります。

最初にも説明したようにプレイヤーというのはベットを行う人自身のことではなく、あくまでも掛けの対象となるゲーム上の架空の人物のことだということを忘れないようにしましょう。

ベット方法は「プレイヤーの勝ち」、「バンカーの勝ち」、「引き分け」の3種類で、プレイヤーにベットする場合はプレイヤーのベットエリア、バンカーにベットする場合はバンカーのベットエリアにチップを置きます。

引き分けにベットしたい場合は「TIE」あるいは「引き分け」と書かれたエリアにチップを配置しますが、賭け方としてはあまり有利ではないため、バンカーあるいはプレイヤーの勝ちにベットするのが一般的です。

・バカラのゲーム進行

・参加者がベットを行う
・ベットの締め切り後にディーラーがバンカーとプレイヤーに2枚ずつカードを配る
・バンカー、プレイヤーのカードの数字に応じたルールに沿ってゲーム進行
・勝敗決定後に清算

バカラの勝負が決まるまでには、それほど時間がかかりません。

3枚目のカードをヒットするかスタンドするかの選択権はなく、最初に配られた2枚のカードの数字の合計値の下一桁がいくつなのかによって、次のアクションが決まっているのであっさり勝負がつきます。

最初にベットした後は、ゲームの行方を見守るしかないので勝負に時間がかかるより早く終わってくれた方が良いという人も多く、そういった点もバカラが大金をかけてプレイするハイローラーに人気のある理由かもしれません。

バカラの配当とハウスエッジ

バカラは手元にあるカードの合計値の下一桁が9、あるいは9に近い方が勝ちとなるゲームなので、バンカーが勝つかプレイヤーが勝つかの確率は1/2です。

そのため、どちらに賭けても配当は同じだと思われがちですが、実はバンカーに賭けた場合とプレイヤーに賭けた場合の配当には違いがあります。

例えばプレイヤーに賭けてプレイヤーが勝利した場合1ドルをベットしていれば配当は1倍で、ベット額を合わせて2ドルが戻ってきます。

しかし、バンカーに賭けてバンカーが勝利した場合は配当が1倍ではなく0.95倍となるため、1ドルをベットしていた場合に戻ってくるのは1.95ドルです。

これは、バンカーが勝った場合のみカジノ側の取り分となるハウスエッジが徴収されるからで、一般的なハウスエッジは5%となっています。

なぜ、バンカーが勝った時だけハウスエッジが徴収されるのかというと、実際にはバカラの勝率はバンカー5割、プレイヤー5割ではなく、ほんのわずかながらバンカーの方が勝率が高くなっているからです。

バンカーの方が実際には約5%勝率が高くなるので、そちらにベットした場合はハウスエッジを徴収し、カジノの収益とするということで、有利な方に賭けるのであれば配当が低くなるのも当然という考え方によるものです。

引き分けの場合は配当が8倍となるため、1ドルベットした場合は賭け金を含めて9ドルが戻ってきます。

ただし、バカラで引き分ける確率は約10%と決して高いわけではなく、配当も8倍ということでベットする側にとってはあまりメリットがありません。

もし、バンカーあるいはプレイヤーに賭けていた場合に引き分けたとすれば、ベットした額はそのまま戻されることを考えても、あえて引き分けにベットするというのは賢明な賭け方と言えないでしょう。

バンカー、プレイヤーのどちらかに賭けていた場合のバカラのペイアウト率は99%、一方で引き分けに賭けていた場合は80%程度にまで下がってしまいます。

カジモン
バカラをプレイする前に詳しいルールや用語について全てを覚える必要はないとはいえ、賭け方によるペイアウト率の差については知っておいて損はないでしょう。

更新日:

Copyright© カジモン , 2019 All Rights Reserved.